REBOOT BiSHに参戦

日記

なんか昨年は仕事が忙しすぎたのでお久しぶりに投稿します。
今回は昨年6月からちょっとハマりすぎちゃっているBiSHについてつらつらと書きます。
自分用の日記なので別に読んでほしい!って欲はないんやけど、もし清掃員が見てくれたらコメントほしいな~笑

出会い

もともと「プロミスザスター」は知ってた。あとキリンレモンの曲も知ってた。結構いい曲歌うなぁと思いながら聞いてたけど、その頃は数あるアイドルグループのうちの1つくらいにしか見てなかった。
しゃべくり007の生田斗真の会で出てたのも見てた。そのときにアユニちゃんがキレてたのと、チッチが下ネタを言ってるのを見て、個性を出すために頑張ってるんやなぁと思った記憶もある。

そんな冷めた目で見てたBiSHにドハマりしてしもたきっかけはyoutube。せっかくプロジェクターとサウンドバー買ったしsupercellの「星が瞬くこんな夜に」をyoutubeで鑑賞してたら、関連動画にBiSHの「星が瞬く夜に」が出てきた。
なんかこの曲もタイトル聞いたことがある気がするな、と思い、見てみたら結構ええやん。という気持ちに。でもやっぱり完全に心を奪われたのは、さらに関連動画で出ていた大阪城ホールで披露した「オーケストラ」やった。

BiSH / オーケストラ [And yet BiSH moves.]@大阪城ホール

惹かれたのは感動的なメロディーとアイナ・ジ・エンド&セントチヒロ・チッチの対比かな。2人とも人を惹きつける歌声をしてるのに、全然方向性が違う。アイナは一見刺々しい声の中に柔らかさがあって、チッチは優しい歌声の中に強い芯がある感じ。こんないい曲聞かされたら他の曲も聞かなければという気にさせられちまったぜ。
きっかけなんて完全に忘れてたんやけど、この文章書き始めたら思い出した笑

聞いてみると世間一般ではあんまり浸透していない曲もかなりいいことを知った。最初の方にハマったのはなんやっけなぁ。「beautifulさ」や「サラバかな」とかやった気がする。あとは「SMACK baby SMACK」も大好きや。
ありがたいことにWACKはファンに優しい一面がある。Liveで写真撮影OKなおかけでTwitterとかにメンバーのLive時に写真が蔓延してるし、youtubeの公式アカウントがLive映像をお届けしてくれるから色んな曲を楽しめる。

BiSH / beautifulさ [NEW HATEFUL KiND TOUR]@NHKホール
BiSH / SMACK baby SMACK[OFFICIAL VIDEO]

DVD購入期

まぁ好きになってしまった以上、無料コンテンツでは満足できなくなってしまうわけですよ。初めて買ったLIVE DVDは「And yet BiSH moves.」YouTubeで見たオーケストラが見たくてたまらなくなった感じですな。

このDVDの完成度が高すぎて当時とても感動した記憶がある。自分はこれまで一番好きなアーティストは日本のド定番、B’z様と公言していただけに音楽に多少は目を肥えているとは思う。それでもBiSHを見たときは「おぉぉぉ」と唸ってしまった。
何がよかったって、まず曲がかなりいい。当時知らない曲も多かった自分にとって一つ一つの曲がすべて名曲に感じた。
次にパフォーマンス。アイドルはあんまり見慣れていなかったので、新鮮だったということもあるが、ファン(清掃員)を沸き立たせるようなダンスや振る舞いをするBiSHメンバーたちがかっこいいなと。
最後は顔かな(笑) アイドルの一面もある以上、ルックスももちろん推す要素の一つ。このDVDでは全員のメイクや髪型がかなり仕上がっていると思ってて、中でもコグミちゃんとアユニは一際よかった。きっとこれがコグミちゃんを推すきっかけになったんだと思う。

といった訳でさらに沼にハマってしまい、FCに入ったり、さらなるDVD, Blu-rayの購入に至りました。やっぱり大阪城ホールと幕張メッセは特に行きたかったね。大学時代に出会ってなかったことを後悔してる。涙

推し

アイドルオタクらしく、推しを作りました。さっきチラッと言ったけど、推しはモモコグミカンパニーさん。推し要素は3つ。

  1. 顔。まぁこれ抜きにして推す人なんて珍しいからな。でも全部が全部好きな顔ではない、髪型や化粧によっては「ん?」って思ってることもたまに(笑)
    けど昔のLive映像とかを見てると、明らかに可愛くなってる気がして、これが垢抜けるということなのかと。。
  2. 成長する姿。昔のLive映像を見てると、チッチやアイナは安定してすげぇなって思うけど、コグミちゃんは映像によっては「ん??」って思うことがあったり。人に言われるまでもなく、おそらく本人が一番感じてたと思う。それに対して諦めることなく、おそらくめっちゃ努力したんでしょう、だんだん歌もダンスもうまくなっているのが目に見えて実感できる。(すべて過去のLive映像を見た感想です涙)
    自分は人が成長する姿を見るのが好きだ。余談だけど日本人って成長過程を見るのが好きらしい。NiziUが爆発的に人気出たように。だから成長を続ける以上は推すし、応援し続ける。上から物を言うと、まだまだ伸びしろがあると思ってるので、頑張ってほしいね!
  3. どことなく自分と似てる所。これは友達にいうと、気持ち悪いからあんまりそういうこと言わないほうがええでって言われてる(笑)
    大学に入学するところまで自分とコグミちゃんはほぼ同じような道を歩いてるんじゃないかと思う。分岐点になっているのが、自分は就職という一般的な道を歩いているのに対して、コグミちゃんはBiSHという芸能の道を選んだ。自分もコグミちゃんも決して芸能界で活躍するために生まれ持った才能は多くはなかったと思う。それでもコグミちゃんは人前に立ち、人々を魅了する世間一般から見ると華々しい職業についた。そんなコグミちゃんには自分がなれなかった分も頑張ってほしい、そういう思いが心の奥底にある。

別にあんまり意識していないのに、BiSHのLive映像を見てると自然とモモコグミカンパニーを追ってる自分がいることに気づいたとき、これが「これが推しか。。。」と感じたね(笑)
おかげさまで人生が少し楽しくなっている気もする。

TBS6

初めてリアルタイムで見る、BiSH単独LIVEですよ。しかもBiSHにとって思い入れの強い、伝統のTBS!悲しいことにコロナの影響でお家で鑑賞なんですが。アユニの顔激推しの友達と一緒に見ました。

正直結構曲覚えたと思ってたんやけど、「CARROTS and STiCKS」はあまり聞いていなかっただけに知らなかった曲も多かった。「CAN YOU??」よかったな~~~~~!めちゃくちゃ好きになった。「まだ途中」のコグミちゃんのソロダンス可愛かったぜ。みんなそうだと思うけど、3回目の「星が瞬く夜に」は特に好きだった。BiSHらしい自由な姿と、無観客ならではの客席で暴れている様子がとてもよかった。

来年も楽しみだぜ。ぜひオフラインで鑑賞させてください。

REBOOT BiSH

遂に初めての現場参戦。日付は2020/12/24のクリスマスイブ。。このご時世ということもあり密な代々木体育館へ参戦していいものかと少し悩んだけど、最大限の配慮はしながら行くことにした。菌がつくかもしれないってことで捨てても問題ない着替えとか持っていったなぁ(笑)

今回もアユニ大好き友達と仕事を爆速で終わらせて決戦の地へ向かった。原宿駅で降りてたくさんの人がいるのを見ただけでテンションあがったなぁ。そこでアイナ生誕祭を祝おうって周知している人たちを見つけた。「おぉなんかおもしろそう」と「良いファンに愛されてていいなぁ」って思った記憶はある。そのときもらった画像がこれ。何に使うかは後のお楽しみ(笑)

後で知ったんやけど、アイナちゃんの生誕を祝おうっていうtwitterアカウントまでできてたんやね。

ライブが始まった。最初からかなりいい演出やったなぁ。

BiSH / LETTERS [REBOOT BiSH] @ 国立代々木競技場 第一体育館

ライブはとにかく楽しかった。これまでのstay home期間に刺激を与えてくれたBiSHの実力は本物やなって。このライブで自分が一番好きやったのが圧倒的に「My landscape」。ピアノアレンジで最初はなんの曲かまじでわからんかった。最初の方はメンバーそれぞれの声がよく聞こえて、ラストに近づくにつれてだんだん盛り上がっていく感じがすごいよかった。(音源化しないかなぁ~)

んで、アイナちゃんの生誕祭!みんな大好き「オーケストラ」の落ちサビでアイナちゃんが一人で歌うところで、会場中をアイナちゃんカラーの赤で染めようっていう企画。サイリウムを持っている人はそれを照らす、持っていない人はiPhoneの明るさ最大にして上の画像を掲げる、というものだった。実際やってみたところ、その光景は想像を遥かにこえてよかった。その様子がこちら。(画像は拝借しました。)

ご覧の通りめっちゃきれい。アイナちゃんも言葉に詰まっていて、その様子がまたとてもよかった。誕生日の度にこの光景を思い出してくださったらファンとしては何よりです。そしてこの企画をしてくださった清掃員の方、本当にありがとうございました。

セトリは結構ド定番の曲ばっかりやなとか思ってたんやけど、終わって振り返って見ると「KIND PEOPLE」や「本当本気」とか歌ってないし、曲の層の厚さを感じてしまった(笑)

いまのところまだLive映像が出る話は上がっていない。初めての現場参戦ということもあって思い入れの強いLiveやしぜひ出てほしいなぁと願うばかり。

BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN

reboot BiSHが終わって帰りの電車でtwitterを見ていたらですよ。なんとお正月に全曲歌って踊った映像を公開するですと!?

まぁもちろん見ました。正直かなり満足やし、「is this call」や「hug me」とかのアユニが歌ってる姿がなかなか見れない曲とかも歌ってくれてて新鮮やった。キリンレモンの曲めっちゃ聴きたかったんやけど、さすがにそれは無理かぁ(笑)
遂にBiSHの曲全部完全に知ったと言えるんじゃないかと思ってる。晴れて正式に清掃員の仲間入りとさせていただきます。

結局暇な時間はずっと流してたなぁ。円盤化してくださったら金額がいくらでも買いますよ、wackさん!!

おわりに

思い返すとかなりBiSHの注いできた半年やったなぁ。出会えたおかげで間違いなく自分の人生は楽しくなってるし、BiSHの曲聴いて今日も頑張ろう、BiSHに逢いに行くために色々頑張ろう、って気持ちになっています。

これからもいい曲を作って、いい歌詞書いて、それを表現してください。
We are BiSH!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました